【ニュース】国交省が新プログラムを発表

2024.06.25

サムネイル

不動産業界が空き家問題について、本格的に取り組みを開始します。

今回は、最近話題の空き家問題について、新しい動きがありましたのでお伝えします。

2024年6月21日、国土交通省が「不動産業による空き家対策推進プログラム」を発表しました。このプログラムについてお伝えします。

深刻化する空き家問題

全国的に空き家や空地、マンションの空室が急増しています。これは地域の治安や景観の悪化につながる可能性があり、大きな社会問題となっています。一方で、テレワークの普及などで「二地域居住」といった新しいライフスタイルへの関心も高まっています。

不動産業者の役割に期待

そこで改めて不動産業者の存在が注目されています。全国各地に存在する不動産業者は、物件調査や価格査定、売買・賃貸の仲介など、空き家の流通や活用に関する幅広いノウハウを持っています。今回のプログラムは、こうした不動産業者の専門知識を最大限に活かし、空き家問題の解決と新たな住まい方のニーズに応えることを目指しています。

まとめ

空き家問題は、放っておけば地域の大きな負担になりかねません。しかし、うまく活用すれば新たな可能性を生み出すチャンスにもなります。不動産のプロである不動産業者の力を借りて、この問題にアプローチする。そんな国の新しい取り組みに、今後も注目していきたいと思います。

不動産についてお悩みがございましたら、お気軽にご連絡をお待ちしております。

NEWS

新着情報

新着情報一覧 新着情報一覧
2024.07.10 【ニュース】国土交通省、宅建業者の報酬規定を改正:空き家対策を強化
2024.07.02 【ニュース】令和6年路線価 上昇傾向続く
2024.06.25 【ニュース】国交省が新プログラムを発表
新着情報一覧 新着情報一覧