【ニュース】空き家の固定資産税が大幅負担増?!

2023.12.14

サムネイル

「改正空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、新たに「管理不全空き家」という区分が設けられました。

空き家問題は急速に拡大し、新たに設けられた「管理不全空き家」という区分により、家族が空き家処分を先延ばしにすることで大きな負担が生じる可能性が高まっています。特に、空き家を放置すると固定資産税が6倍に増えるケースもあり、この問題は全国的に深刻化しています。

2033年には現在の4分の1に当たる4戸中1戸が空き家になるという予測も示されており、これは「住宅用地特例」と呼ばれる制度が一因です。この制度では、建物を取り壊さずに空き家を放置することで固定資産税が低く抑えられるため、多くの人々が空き家を放置する傾向にあります。しかし、最近の法改正により、この特例から外れることで固定資産税が6倍に増えるケースが増える見込みです。

このような変化に対処するためには、空き家問題への取り組みが必要不可欠です。特に、親が亡くなった後の実家処分については、先送りにせずに早めの対応が求められます。空き家を放置することで将来的に生じる経済的負担を避けるためにも、家族での話し合いや適切な対策が重要です。この問題は個々の家庭だけでなく、社会全体の課題として取り組む必要がありそうです。

相続した不動産に関することでお悩みがございましたら、お気軽にご連絡をお待ちしております。

NEWS

新着情報

新着情報一覧 新着情報一覧
2024.05.16 【ニュース】空き家900万戸で過去最多 
2024.04.26 大型連休期間の営業について
2024.04.12 遊休不動産の活用方法は?空き家との違いや問題点を解説
新着情報一覧 新着情報一覧