分割方法とトラブル事例

不動産の遺産分割の方法は、次のようにいくつかの種類があります。

現物分割

実際の遺産分割において、一般的な分割方法です。
相続不動産そのものを、そのままの形で分割する方法です。例えば土地Aは相続aに、土地Bは相続人に、といった具合で、財産そのもので分配します。一件分 かりやすい分割方法ですが、測量などをきっちりとしなければなりませんし、不動産自体にも分割したことを永続的に示す境界線を、杭などを使って設定しなけ ればなりません。

代償分割

相続人の1人が相続不動産を取得し、その取得者が他の相続人に代償として相続分を基づいた金銭を支払う分割方法です。不動産の所有権で争うことにならなければ、比較的分割しやすい場合が多いでしょう。

換価分割

不動産を未分割のまま売却し、その売却代金を分割する方法です。土地を分割する場合にはさまざま手間がかかりますが、お金の場合は公平に分割することが容易なので、分割しやすい相続法といえるでしょう。

共有分割

相続不動産を、相続人全員で共有とする方法です。一件公平な相続法に感じますが、不動産の処分や次の代に代替わりしたときなど、相続人が増える結果となり複雑な問題が増え、トラブルになるケースが少なくありません。

トラブルを避け、分割するためには?

この通りに、分割方法にはいくつかありますが、思い通りにいかない場合も多いと思います。
現物分割では土地などの分割が手間がかかる、代償分割では資金が得られないなどの問題があるので、とりあえず共有分割を…と考えるかもしれませんが、共有分割は前述の通りデメリットがあるため、意外にトラブルとなる場合があるかもしれません。
こうしたトラブルを避けるためにも、知識を身につけて、相続人同士でしっかりとした話し合いをすることをお勧めします。

無料査定へ