路線価30万円以下の不動産でも相続税負担に!?

みなさん、こんにちは。
本日の日経新聞にこんな見出しがありました。
『路線価30万円以下でも税負担』

新聞各社で取り上げられている通り、不動産市場は相続税増税の話題で持ちきりです。
相続対策で、収益マンションを購入する方はもちろん、固定資産税評価額の低い、都心のタワーマンションを購入される方が増えています。

「路線価30万円以下でも税負担 郊外でも課税対象に徹底試算(1)」
日本経済新聞10月2日掲載

なぜそのように相続税増税が注目されるのか。それは表題の通り、今までは相続税がかからなかったケースでも相続税がかかる可能性が高いと言われているからです。

本日の見出しは、その影響の大きさを不動産の路線価に落とし込んだもの。
今後の日本では、相続税支払いに関して、いかに不動産を上手に活用するかが、重要になってくると考えられています。
不動産とは2つとして同じものがなく、評価人次第で税金の額が変動すると言っても過言ではありません。
ぜひ有益な売却方法をご選択ください。

無料査定へ