認知症等の相続人がいる場合

相続される方の中には認知症や、知的・精神的障害を持たれている方もいらっしゃいます。
もちろん、その方にも相続する権利はありますが、意思能力の有無によっては「成年後見制度」を利用し不利益にならないようにしなければなりません。
意思能力が失われている相続人が不利益になってしまう内容の遺産分割協議をすることは認められていないからです。。

無料査定へ