住宅購入時の贈与

最近は孫に対する「教育資金」や「住宅資金」の贈与が増えています。
特に子供が住宅を購入する際、親が一部を贈与という形で負担するケースが多いようです。
一定の金額までは非課税になるので、それを利用しているのですが、
そこには落とし穴が・・・
それは「引き渡し期限」という必要条件です。
例えば、新築マンションを購入する際、親からの贈与を受け取って購入したが
マンションの建築工期が大幅に遅れ、引き渡し日が必要条件の期日より遅くなった
というケース。
結局は非課税の恩恵を受けられず、贈与税を支払わななければならなくなってしまいます。
このようなことにならない為にも、贈与するタイミングは慎重に考えましょう。

無料査定へ