共有持分解決いたします

共有持分とは?

共有持分とは、一つの不動産を複数の共有者が持ち合っている不動産(共有不動産)の所有分のことを言います。

共有不動産は相続にて取得した親族間の土地・建物に多く、親族で持分登記をしている場合が多くなっています。また、親子・兄弟姉妹・夫婦間などで資金を出し合って購入する共有不動産もあります。親族関連以外の身近な共有不動産の例としては、分譲マンションの共有敷地権、私道の共有持分などがあります。

共有不動産では、複数人が所有権を持ち合っている状態であるので、「他の共有者全員の同意」を得なければ下記のことなどはできません

・土地を共有している場合の利用形態・形質の変更、建築など。
・建物を共有している場合の家屋取り壊し、大規模改造、新築への建替えなど。
・共有不動産全体の売却

逆に、「持分の範囲」であれば自由に売却などを行うことができます。共有持分を他の共有者や、他の第三者に売却することも自由となります。
しかしながら、上記にあげた例などが懸念材料となり買主が見つからない事がよくあります。共有者間で意思統一ができなければ、トラブルの元になるなど非常に扱いにくいのが共有持分なのです。

弊社では共有持分の問題解決に取り組んでいます。

こうした共有持分でお悩みの方は是非ご相談ください。弊社でコンサルティングをして、解決の糸口を見つけます。
他の共有者の同意を得るための対処法、又は同意を得ずに単独で自己の所有権である「持分の範囲」で上手に売却する、共有者間の売買が困難であれば、弊社で持分の買取りさせていただくなど、様々なケースに合わせて最善の解決方法をコンサルティングいたします。共有状態の解消に向けての話し合いは、当事者同士ではうまくいかないケースも多々あります。しかし、プロの第三者が入ることで話し合いが進展することもありますので、問題解決に向けてのひとつの手段として、弊社へご相談下さい。

コンサルティング料金 54,000円~
状況などヒアリングの後にお見積もりいたします。

無料査定へ

解決事例

相続人間で揉めていたが、弊社が間に入り共有
者と交渉。所有権を一つにまとめて無事売却。

事案の概要

AさんとBさんは、400㎡の土地を共有し、土地上には建物が建っており、共有持分の割合は、いずれも2分の1ずつでした。この共有状態は、相続が原因で発生したものですが、AさんとBさんの関係は良好といえない状況だったため、Aさんは、共有状態の解消を図るべく相談に来られました。

解決までの流れ

本件は、弊社が共有者であるB さんと交渉し、共有不動産を共同で売却し、売却代金を分配するという方法をご提案。弊社の独自のノウハウにより意見の調整や交渉を行うことで売却についての合意が
できました。

コメント

共有状態の解消に向けての話し合いは、当事者同士ではうまくいかないケースも多々あります。しかし、プロの第三者が入ることで話し合いが進展することもありますので、問題解決に向けてのひとつの手段として、弊社へご相談下さい。