土地評価対策

土地の評価額を下げることで、大きな節税対策になります

相続税を計算するための土地の評価額は、通常「路線価」(詳しくは相続不動産の評価をご覧ください)をベースに算定しますが、同じ路線価の地域にある土地でも、形状はさまざまで他の利用効率の高い土地と比べて何らかのマイナス要因を含んでおり、「路線価×地積」が必ずしもその土地の適正な時価であるとは言えません。
そこで土地評価の際には、現地調査をしてマイナス要因をしっかりと把握し、土地の評価額に反映させることが重要になってきます。それにより適正な時価を算出し、その結果評価を下げることにつながって相続税の負担額を減らすことになります。

不動産鑑定士が土地の適正な評価をいたします。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。